読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

じぶんレシピ

猫と断捨離とジャニーズとこだわりと。わたしを作り上げるレシピ。わたしへ、そしてあなたへ。

断捨離活動記録~捨てることに慣れるところから~

 
断捨離なんて夢のまた夢、とにかく「ゴミ捨て」すらままならなかった私が取り組んだのはここからでした。
 
「迷うことなく捨てられるものから捨てていく」
 
当然っちゃ当然なんだけど。
もうこれ「ゴミですやん」というものから捨てていく。
セクションごと(押し入れから、とか、本棚から、とか)の攻略は、私にはまったく出来なかった。
ひとつの小さなエリアを完璧にしてから次に行こうとすると
取り組んだエリアに「捨てるかどうしようか悩む」ものが一つでも出てきた瞬間に手も思考も止まるし、なんなら逃げ出そうとする。
どこから手を付けてもいいし中途半端な状態で他のエリアに手を出してもいいから、とにかく迷わず捨てられるものからさっさと捨てていく。
身体はあっちこっち移動するかもしれないけど、これがとにかく早かった。
 
ジャニーズ関連の雑誌をスクラップしよう、なんて片付けられない女にはハードルが高すぎる!!
もったいない精神が働くし、作業中に読み耽っちゃう!!
なので初動ではノータッチ。まずは
 
捨てることに慣れる
 
必要がある。
初心者がいきなりリ・シャオペンとか無理だからさ!
まずはストレッチ、いや、身体を動かすというところから始めるような感じ。
時事ネタ無理矢理入れてみたよw
 
ほんと分かりやすくゴミ、から始まって
なんとなく取ってはおいたけど10年読みもしなかった大学時代のノートや
太陽光で劣化してパサパサしてるポケットティッシュ
ゴムの伸びきった下着、もう歳考えたら着ないだろうキャミソール…そんなものをわんさか捨てていると
だんだん「捨てること」が「普通のこと」になってくる。
そうなるとなぜか「迷わずに捨てられるもの」が増える(捨てるハードルが下がる)ので
またそこでポイポイ捨てていける。
 
そんな感じで勝手に身についていく断捨離スキルを武器に
どんどんと部屋をスッキリさせていくのでありました。
 
ぽちりとよろしくお願いします。

にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ